Free【トップインタビュー】DXで販売促進戦略必要/八戸液化ガス・平野薫社長

平野薫代表取締役社長
平野薫代表取締役社長

地元企業の人材確保や地元就職の促進に向けてデーリー東北新聞社が企画する「リクルートラウンジ」。経営トップのインタビューを配信する。6回目は八戸液化ガス・平野薫代表取締役社長。

 ―経営理念は。
 1960年の設立以来、60年以上にわたってLPガスや石油、電気などのエネルギー供給を軸に事業を拡大してきた。経営理念の筆頭には「地域のために貢献する」を掲げている。地域に根を張り、貢献する会社を目指している。

 ―会社の現状や展望は。
 安全で安定的なエネルギー供給に尽力しているほか、現在は再生可能エネルギー事業や家事代行サービス、アグリ事業、コインランドリー、カルチャーセンターの運営なども手掛けている。今後は地域社会の変化や生活者ニーズの多様化に合わせた暮らしを提案する「ライフスタイルイノベーションカンパニー」へと転身を図っていきたい。

 ―求める人材は。
 さまざまなことにチャレンジする意欲がある人を募りたい。何事にも積極的に取り組むことが自身を磨き、社会を変える力になる。現状に満足せず、探究心と向上心を持って仕事に向かってほしい。

 ―人材育成の取り組みは。
 当社の外部研修では異業種の人たちと学べることがメリットだ。若手の意見も積極的に取り入れる。働き方改革では「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を導入して業務効率を高めている。

 ―withコロナを見据えた経営戦略は。
 顧客とのコミュニケーションは減少し、DXで販売を促進する戦略が必要だ。LINE(ライン)やフェイスブックで会員を募るだけでなく、商品やクーポン情報の発信などをして登録者とのつながりを持ちたい。当社のファンにいかになってもらえるかが今後重要だと考える。

 …………………………

 詳しい企業情報や企業説明会、動画メッセージなどの情報はこちら。
https://www.recruit-lounge.com/2022-01/com024-HachinoheEkikaGus

お気に入り登録