【貨物船座礁】動植物への影響注視を/金沢大・田崎名誉教授

金沢大学の田崎和江名誉教授
金沢大学の田崎和江名誉教授
重油の流出事故と言えば、1997年に日本海沖でタンカー「ナホトカ号」が座礁した事故が思い出される。流出量は約6200トンと、八戸港沖の事故とは規模や油の質などが異なるものの、環境や漁業などへの影響を考える上で参考とならないか―。当時、北陸の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録