豪航空、ワクチン義務化 従業員9割が接種意思

 空港に駐機するカンタス航空機=2018年11月、豪メルボルン(ロイター=共同)
 空港に駐機するカンタス航空機=2018年11月、豪メルボルン(ロイター=共同)
【シドニー共同】オーストラリアのカンタス航空のグループは18日、全従業員約2万2千人に来年3月末までに新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けると発表した。社内調査に回答した従業員のうち89%が既に接種済みか接種予定だと回答したとしている.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録