品薄深刻、中小企業の苦境続く 景気回復の米、飲食店は人手不足も

 10代の若者が営業の屋台骨を担うベーカリー「バドリーナ」=7月9日、米ヒューストン(共同)
 10代の若者が営業の屋台骨を担うベーカリー「バドリーナ」=7月9日、米ヒューストン(共同)
新型コロナウイルス禍から景気が回復している米国で、中小企業の苦境が続いている。サプライチェーン(供給網)混乱の影響で、小売現場では品薄が深刻化。客足が戻ってきた飲食店は求職者には不人気で、人手不足に見舞われている。 ▽売上高6割減 中西部イ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録