Free【トップインタビュー】知恵を出せる職員育てる/青い森信用金庫・益子政士理事長

益子政士理事長
益子政士理事長

地元企業の人材確保や地元就職の促進に向けてデーリー東北新聞社が企画する「リクルートラウンジ」。経営トップのインタビューを配信する。1回目は青い森信用金庫の益子政士理事長。

 ―信用金庫の特徴は。
 信用金庫は会員の出資による協同組織で、相互扶助と非営利の精神に基づいている。青森県内を中心に秋田県の一部地域を含めた住民と中小企業の専門金融機関として、地域社会の発展や住民の繁栄に貢献することを経営理念に掲げている。

 ―現状と今後の展望は。
 新型コロナウイルス禍で地方の経済は疲弊しており、実質無担保・無利子融資ではかなり実績を積んだ。コロナ禍での支援として、飲食業の応援サイトの立ち上げや商談会を紹介してビジネスマッチングなどを行っている。

 お客さまと直接顔を合わせる機会が減る中、人と人が会う大切さを改めて感じた。融資だけにこだわるのではなく、まずはお客さまに知恵を貸せる職員を育てたい。財務内容の改善、販路拡大、雇用の問題などに取り組み、必要な際は関係機関にもつないで解決に導くお手伝いをする。

 ―求める人材は。
 郷土愛にあふれ、EQ(心の知能指数)の高い人。コミュニケーション能力が高く、心配りができる人であれば、お客さまも話しやすい。

 ―人材育成の取り組みは。
 職員が財務などの検定試験や資格を取得するための助成金、取得時の報奨金制度を設けている。他機関や大学への職員の出向も行っている。

 ―コロナ禍の経営戦略は。
 対面での付き合いが大切な一方で、ITもうまく活用していかなければならず、当面は両方を組み合わせたハイブリッド型の接触が必要だ。職員が渉外活動で得たノウハウを蓄積し、付加価値の高い提案をしていきたい。

 …………………………

 詳しい企業情報や企業説明会、動画メッセージなどの情報はこちら。
https://www.recruit-lounge.com/2022-01/com002-AoimoriShinkin

お気に入り登録