廃棄前のビールでうどん 香川の製麺業、飲食店支援

 「ビールうどん」を見せる製麺業「大庄屋」専務の山地英登さん=香川県琴平町
 「ビールうどん」を見せる製麺業「大庄屋」専務の山地英登さん=香川県琴平町
香川県琴平町の製麺業「大庄屋(おおしょうや)」が、水の代わりにビールで小麦粉を練った「ビールうどん」を開発した。ほんのりと黄色い麺が特徴。新型コロナウイルス禍で打撃を受ける県内の飲食店の力になろうと、賞味期限が間近に迫り、廃棄される予定のビ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録