Free貨物船の船体切断 油流出、沈没の恐れも/八戸港沖

第2管区海上保安本部によると、11日に八戸港内で座礁後、同港沖約3・8キロで航行不能になった貨物船「クリムゾン・ポラリス」(約4万トン、全長約200メートル)は12日早朝、船体の一部切断と油の流出が確認された。沈没の恐れもあり、海保の巡視船が状況調査と油の防除に当たっている。乗組員21人は11日に救助済み。同港から目視で船体が傾いている様子が確認できる。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。
アプリダウンロードはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録