【シャープ、鴻海傘下で5年】黒字定着も描けぬ将来像

 シャープの業績
 シャープの業績
シャープが台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入って12日で5年となる。危機的状況にあった経営は、徹底した合理化で黒字が定着。巨額赤字の元凶だった液晶など部品事業を分社化し、家電など完成品を核とした「ブランド企業」の確立を目指す。ただ独創.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録