【通学路事故】危険箇所、歩道整備に制約 飲酒防止装置は費用ネック

千葉県八街市で下校中の小学生5人が大型トラックにはねられ死傷した事故を受け、全国で通学路の総点検が進んでいる。政府は10月末までに危険箇所の対策を決める。ただ、歩道整備などハード面は予算やスペースの制約が課題だ。アルコール検知でエンジンがか.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録