「青少年のための科学の祭典」八戸大会が開幕、8日まで

手動で発電させた電気が光に変わる仕組みを学ぶ子どもたち
手動で発電させた電気が光に変わる仕組みを学ぶ子どもたち
「青少年のための科学の祭典2021」八戸大会が7日、八戸市福祉公民館で始まった。参加した子どもたちが、どんぐりごま作りに挑戦したり、手回し発電機で電気をつくったりしながら科学の面白さに触れている。8日まで。 実行委員会などが主催。大会は19.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録