【レスリング】緊張無縁、楽しんで3勝 旗手の須崎、金へあと1

 女子50キロ級準決勝 アゼルバイジャン選手(右)をローリングで攻める須崎優衣=幕張メッセ
 女子50キロ級準決勝 アゼルバイジャン選手(右)をローリングで攻める須崎優衣=幕張メッセ
初舞台の緊張感とは無縁だった。レスリング女子50キロ級で22歳の須崎は「肌を合わせて絶対にいけると思った」と楽しむように躍動し、3試合全てテクニカルフォール勝ち。外国人選手に無敗を誇る優勝候補が堂々と「銀」以上を確定させた。 試合前夜は会場.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録