Free「立秋」なのにギラギラ太陽 青森県内全域で気温上昇

木陰で水分補給する子どもたち=6日午前10時40分ごろ、八戸公園こどもの国
木陰で水分補給する子どもたち=6日午前10時40分ごろ、八戸公園こどもの国

7日は二十四節気の一つ「立秋」。暦の上では秋に入るとされているが、暑さが続く青森県内は6日も全域で気温が上昇。県南地方では三戸で最高気温35・1度の猛暑日となった。ほかに、むつで33・3度、野辺地で31・9度など県内4地点で今年最高を記録した。

 31・6度の真夏日となった八戸市十日市の八戸公園こどもの国では、青空が広がる中、多くの家族連れが訪れ、元気に遊ぶ子どもたちの歓声が響いていた。

 青森市から家族で訪れた古川美咲さん(31)は子どもたちと木陰で休みながら「毎日暑いので、家族みんなで水分補給には気をつけている」と話していた。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。
アプリダウンロードはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録