【コメ先物取引消滅】JA配慮で族議員反発 看板欠き国際化に暗雲

 コメ先物の本上場申請を巡る構図
 コメ先物の本上場申請を巡る構図
大阪堂島商品取引所が、2011年から試験的に続けているコメ先物取引が「消滅」する。価格決定への影響力を市場に奪われたくない全国農業協同組合中央会(JA全中)を頂点とするJAグループの意向をくんだ自民党農水族議員の猛反発に、農林水産省が恒久的.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録