【空手】キング喜友名、独り舞台 神髄追求、揺るがぬ平常心 

 男子形決勝 喜友名諒の演武=日本武道館
 男子形決勝 喜友名諒の演武=日本武道館
まさに独り舞台だった。空手男子形の喜友名は、他選手の最高点が27点台にとどまる中、予選から決勝まで全て28点台。日本武道館の天井を見上げ「しっかりと気持ちの入った演武ができた」と目頭を熱くする。「キング」の力を世界中に改めて証明した。 劉衛.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録