Free米や食品、調味料の自販機 小川原湖畔キャンプ場に

米や食品、調味料を取り扱う期間限定の自動販売機=三沢市の小川原湖畔キャンプ場
米や食品、調味料を取り扱う期間限定の自動販売機=三沢市の小川原湖畔キャンプ場

三沢市の総合米穀卸業「KAWACHO RICE(カワチョウライス)」のグループ会社「PEBORA(ペボラ)」(同市、いずれも川村靜功社長)は10月末までの期間限定で、同市の小川原湖畔キャンプ場管理棟前に、米や食品、調味料を扱う食の自動販売機を設置している。キャンプ熱が高まりアウトドア体験を楽しむ人が増えている中、キャンプ中の買い忘れや買い足しのニーズに応えるだけでなく、地元の商品を発信し、野外での食の楽しみを後押しする。

 自動販売機では、ペボラが販売するペットボトル入りライス「PeboRa(ペボラ)」(2合入り)数種類を取り扱う。青森県産ブランド米「青天の霹靂(へきれき)」や雑穀ご飯、パエリアの調理にうってつけなイタリア米などを用意している。

 米以外には、三沢基地カレーやパイカの赤ワイン煮といった三沢ならではの食品のほか、さまざまな料理に使えるスパイス、焼き肉などに欠かせないガーリックソースも販売している。

 同社は今後、商品を随時入れ替える方針。フェイスブックやインスタグラムの同社公式アカウントで、最新情報を公開する。

 問い合わせはPEBORA=電話0176(27)1265=へ。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録