【鶴田町贈収賄事件】初公判で3被告、起訴内容認める

鶴田町発注工事の随意契約を巡り、業者から現金を受け取ったとして収賄の罪に問われた元町建設整備課長の無職佐藤儀郎被告(58)、贈賄の罪に問われた同町の建設会社「山形組」の取締役の被告女(53)と従業員の被告男(62)の初公判が2日、青森地裁(.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録