Free朝のニュースダイジェスト(7月30日)

【熊谷県議、出馬表明へ】
 八戸市長選を巡り、青森県議の熊谷雄一氏(58)が出馬の意向を固めたことが29日、分かった。現職の小林眞氏(71)も立候補の意欲を持っており、自民党勢力を二分する分裂選挙の可能性が高まっている。

 【八戸で小学校クラスター】
 青森県は29日、新たに25人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染者数は累計2661人となった。八戸市内の小学校ではクラスター(感染者集団)が発生した。

 【貸し付け実績額3年連続減少】
 青森財務事務所は29日、青森県内地方公共団体への財政融資資金の2020年度貸し付け状況を発表した。貸し付け実績額は3年連続減少。20年度末貸し付け残高は6年連続の減少となった。

 【八戸で水産物ブランド戦略会議】
 八戸市は29日の「市水産物ブランド戦略会議」で、地元の3業者から申請のあったサバの新たな加工試作品について、いずれも補助事業に選定した。次回会合でブランド認定の審査を行う。

 【八戸三社大祭あす開幕】
 八戸三社大祭は31日、例年通り8月4日までの5日間の日程で幕を開ける。山車の合同運行などは見送られるなど規模を縮小するが、3神社の祭礼行事は執り行われる。

お気に入り登録