【競泳】決勝逃し「情けない」 入江主将、停滞打破できず

 男子100メートル背泳ぎ準決勝のレースを終えた入江陵介。決勝進出を逃した=東京アクアティクスセンター
 男子100メートル背泳ぎ準決勝のレースを終えた入江陵介。決勝進出を逃した=東京アクアティクスセンター
残り10メートルの混戦から踏ん張れない。男子100メートル背泳ぎ準決勝で、31歳の入江は予選より遅い平凡なタイムに終わり、決勝進出の8位に100分の1秒及ばなかった。リレーを含め、五輪で泳いだ種目で決勝に進めなかったのは初めてとなり「すごく.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録