米中の衝突回避、対話必要 米国務省、高官訪中の意義強調

【ワシントン共同】米国のシャーマン国務副長官による25日からの訪中について、プライス国務省報道官は21日の記者会見で「中国との厳しい競争は望むところだが、衝突への発展は防ぐ必要がある」と述べ、対話の意義を強調した。「中国は北朝鮮に対して影響.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録