米、独のガス管事実上容認 ウクライナ支援でロけん制

 「ノルドストリーム2」の敷設作業の現場=2019年6月、ロシア北西部レニングラード州(ロイター=共同)
 「ノルドストリーム2」の敷設作業の現場=2019年6月、ロシア北西部レニングラード州(ロイター=共同)
【ワシントン、ベルリン共同】米国とドイツは21日、ロシア産天然ガスをドイツに運ぶ海底パイプライン「ノルドストリーム2」建設を巡り、完成後もドイツがウクライナを引き続き支援することで合意したと明らかにした。米国はロシアの影響力拡大を懸念してウ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録