【高校野球青森大会】八学光星、地元同郷バッテリーが活躍

【八学光星―黒石・黒石商】初回八学光星1死一、二塁、織笠陽多が左中間二塁打を放ち6―0とする=八戸長根
【八学光星―黒石・黒石商】初回八学光星1死一、二塁、織笠陽多が左中間二塁打を放ち6―0とする=八戸長根
部員147人の八学光星の3回戦では、地元出身の太田優と織笠陽汰がバッテリーを組んだ。太田は140キロ前後の直球にスライダーなどの変化球を制球よく投げ込み、2回5三振無失点。織笠は初回に左中間を破る2点二塁打を放ち、女房役としても存在感を発揮.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録