庭木の剪定作業中に横転 五所川原の男性死亡

20日午前9時ごろ、五所川原市飯詰福泉の寺院敷地内で、庭木の剪定作業をしていた同市の無職男性(77)が、使用していた高さ約1・3メートルの脚立ごと横転した。持っていたハサミが男性の首に刺さり、市内の病院に運ばれたが、約2時間半後に死亡した。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録