【小山田さん辞任】謝罪後も批判やまず一転 開幕4日前、広がる衝撃

 1994年1月発行の「ロッキング・オン・ジャパン」(左)と1995年8月発行の「クイック・ジャパン」
 1994年1月発行の「ロッキング・オン・ジャパン」(左)と1995年8月発行の「クイック・ジャパン」
東京五輪の開会式で楽曲制作を担当するミュージシャン小山田圭吾さんが、学生時代のいじめを過去に雑誌のインタビューで告白していた問題は、開幕4日前に一転、小山田さんが辞任する事態に発展した。大会組織委員会は当初、続投の道を探ったが、国内外からの.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録