Free【週間ダイジェスト】7月11日~17日

▽映画「犬部!」の先行試写会
 十和田市の北里大獣医畜産学部(現獣医学部)に実在した動物愛護サークルをモデルにした映画「犬部!」の舞台あいさつと先行試写会が11日、同市民文化センターで開かれた。篠原哲雄監督や同大の卒業生で映画にエキストラ出演した小山田久市長らが昨年8月に同市内で行われたロケを振り返り、作品をPRした。

 ▽「青森きくらげ」発売
 青森県がブランド化を目指すキクラゲ「青森きくらげ」が12日、発売された。県内のスーパー、産直施設など約90店舗で取り扱っている。10月末ごろまで販売される見通し。乾燥品は一部店舗で通年販売される。

 ▽高校野球青森大会開幕
 第103回全国高校野球選手権青森大会が13日、開幕した。昨年は新型コロナウイルスの影響で大会が中止で、甲子園への出場権を懸けた夏の戦いは2年ぶり。球児たちは、聖地を目指せる喜びをかみしめ、一投一打に全力を尽くした。

 ▽聖寿寺館(しょうじゅじたて)跡で真鍮(しんちゅう)製造の痕跡 南部町教委と国立科学博物館は14日、同町の国史跡「聖寿寺館跡」で、16世紀初頭~中頃の「把手(とって)付き真鍮坩堝(るつぼ)」が東日本で初めて出土したと発表した。銅と亜鉛の合金の真鍮製品を作っていたと考えられる。

 ▽高畑氏が正式出馬表明
 次期衆院選青森2区で、元県公安委員長のセミナー会社代表高畑紀子氏(57)=八戸市=が15日、八戸グランドホテルで会見し、立憲民主党公認候補として出馬することを正式に表明した。高畑氏は「生活者の安心・安全、笑顔を守りたい」と決意を示した。

 ▽東北地方が梅雨明け
 仙台管区気象台は16日、東北地方が梅雨明けしたとみられると発表した。東北北部は平年より12日早い宣言となった。同日の北奥羽地方は晴天に恵まれ、二戸31・2度、三戸30・6度、八戸27・9度を記録するなど夏本番を思わせた。

 ▽ロボット教室開講
  洋野町大野地区の産業と教育の拠点「おおのキャンパス」で今月、ロボットの製作を通じてプログラミングなどについて学ぶ「ロボット教室」が開講した。初回は参加した子どもたちが想像力を膨らませて製作作業に挑戦。1時間半にわたって試行錯誤を繰り返した。

 ▽大島氏「解散・総選挙は9月5日以降」
 大島理森衆院議長は17日の自民党八戸市支部の定期大会で、衆議院の解散・総選挙の時期について、東京パラリンピックが終了する9月5日以降になるとの見方を示した。

お気に入り登録