最新のICT体験、ユビキタス社会に理解 八戸小で出前授業

進行する三村申吾知事(左)とアイデアを発表する子どもたち
進行する三村申吾知事(左)とアイデアを発表する子どもたち
青森県は9日、「ユビキタス出前授業」を八戸市立八戸小(小林淳校長)で開いた。児童が最新の情報通信技術(ICT)を体験して活用法を考案し、いつでも、誰でも情報ネットワークにつながることができる「ユビキタス社会」に理解を深めた。 最先端のICT.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録