私募債手数料の一部活用、2団体に福祉用具など贈る/青銀

目録を受け取る佐々木新吉理事長(中)と竹林幸男社長(右)。左は工藤貴博八戸地区営業本部長(写真上)と、目録を受け取る木村朋子校長(左から2人目)と中道栄治社長(同3人目)
目録を受け取る佐々木新吉理事長(中)と竹林幸男社長(右)。左は工藤貴博八戸地区営業本部長(写真上)と、目録を受け取る木村朋子校長(左から2人目)と中道栄治社長(同3人目)
青森銀行(成田晋頭取)は9日、建築業などを手掛ける八戸市の「サン・エム」(竹林幸男社長)と同市の魚市場仲買「中商」(中道栄治社長)が発行した私募債の手数料の一部を活用し、福祉施設や学校に物品を寄贈した。 私募債の名称は「あおぎんSDGs私募.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録