オンラインで七夕行事、親交深める/一戸小児童とパラグアイのパラ代表

パラグアイの選手とのオンライン交流で、短冊に書いた願い事を発表する子どもたち
パラグアイの選手とのオンライン交流で、短冊に書いた願い事を発表する子どもたち
東京パラリンピックに出場する南米パラグアイと、ホストタウンに登録されている一戸町との交流事業の一環で、同国の代表選手2人と町立一戸小(立柳容子校長)の全校児童196人が7日、オンラインによる「七夕交流会」を開いた。児童は日本の伝統の七夕行事.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録