時評(7月11日)

長く2者体制だった八戸港の水産物卸売り業務が一本化され、1年が過ぎた。先月発表された単独移行初年度となる2020年度決算は、業務を引き受けた八戸魚市場が赤字、撤退した八戸みなと漁協は黒字。だが、内訳を見ると双方とも厳しい経営環境に変わりはな.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録