【熱海の土石流】砂防ダム整備も被害防げず まちづくりに課題

 土石流発生後の逢初川の砂防ダム=5日、静岡県熱海市(静岡県提供)
 土石流発生後の逢初川の砂防ダム=5日、静岡県熱海市(静岡県提供)
静岡県熱海市で土砂が流出した逢初川の上流部。県は早くから危険性を認識し、1999年に砂防ダムを建造したが、人的被害を防げなかった。山あいの傾斜地に住宅が広がっており、インフラ整備による防災の限界や、日本のまちづくりの課題が浮き彫りになった。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録