【自治体ワクチン接種】予約ストップ、不安連鎖 「10~11月完了」に暗雲

 新型コロナワクチンを巡る国と自治体の立場
 新型コロナワクチンを巡る国と自治体の立場
新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、接種に必要な希望量が届かないとして、自治体による予約ストップなどの動きが止まらない。ワクチンの供給減に先行きが見通せなくなり、不安が連鎖。菅義偉首相が掲げる「10~11月の接種完了」にも暗雲が垂れ込め.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録