「選挙の顔」に募る不安 都議選不振の自民

 菅政権下での主な与野党対決型選挙など
 菅政権下での主な与野党対決型選挙など
東京都議選での不振を受け、自民党内に動揺が広がった。昨年9月の菅政権発足後、知事選や4月の衆参3選挙は敗北続きで、次期衆院選の「選挙の顔」として菅義偉首相の資質に不安が募る。首相が描く衆院解散や党総裁再選に向けた戦略にも狂いが生じかねない。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録