輸入頼みの薬用作物、北海道で栽培拡大 メーカー、農家双方に利点

 北海道における薬用作物の栽培面積の推移
 北海道における薬用作物の栽培面積の推移
漢方薬の原料である薬用作物の栽培が北海道で広がっている。国内需要の約8割は中国産に頼っており、安定確保を目指す医薬品メーカーが農家に働き掛けているためだ。野菜の収穫機を転用するなどして機械化も進み一大産地に。市場がないため、メーカーが直接買.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録