北朝鮮へのワクチン供給、めど立たず 国際枠組みとの調整難航

【北京共同】新型コロナウイルスワクチンを途上国にも行き渡らせることを目指す国際枠組み「COVAX(コバックス)」と北朝鮮との調整が難航している。北朝鮮側はCOVAXの要員入国を事実上拒否。米メディアによると、ワクチンの副反応にも警戒感を示し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録