横断歩道の一時停止率、19年調査より向上

八戸モータースクールなどを運営する弘前市のムジコ・クリエイト(新戸部洋輔代表)は4日までに、信号機のない横断歩道で、歩行者が横断しようとしているときに車が一時停止する割合(一時停止率)の調査結果を公表した。2019年12月に続いて今年6月に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録