Free女性リーダー育成へ、9月に奥入瀬サミット 十和田で開催、オンライン参加も

ビデオメッセージを通じて奥入瀬サミットをPRする対馬ルリ子会長(右)=2日、青森県庁
ビデオメッセージを通じて奥入瀬サミットをPRする対馬ルリ子会長(右)=2日、青森県庁

奥入瀬サミットの会(会長・対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長)は2日、青森県庁で記者会見し、9月25日に十和田市で開く「奥入瀬サミット2021」と、今月31日に行うプレオンラインセミナー「グローバル女子会in青森」をPRした。

 同サミットは、女性リーダーの人材育成とネットワーク化を図る目的で実施しており、今年で10回目。今回は「Reframing(リフレーミング)―マイナスからプラスへ―」と題して講師を招き、新型コロナウイルスの影響で生まれた新たな価値観や生き方などを探る。

 グローバル女子会は「コロナ禍を生き抜く世界の女性たち」をテーマに、進行役の対馬会長と海外で暮らす県出身の女性4人がトークセッションを行う。

 対馬会長は、ビデオメッセ―ジで「女性の活躍と青森の未来について考えていきたい」と述べた。

 サミットの会場は十和田市焼山の「奥入瀬 森のホテル」で、定員は会場参加50人(県内在住者限定)とオンライン参加400人。参加料は会場参加が1人5千円(宿泊する場合は別途1人2万1千円)。オンライン参加は1人3千円。グローバル女子会は定員200人で参加無料。

 申し込みは、いずれも公式サイト(http://oirase-summit.com/)を通じて行う。

お気に入り登録