新興企業が防災分野参入 現場反映し商品開発

 スタートアップ企業の防災参入事例
 スタートアップ企業の防災参入事例
防災や減災の分野で、スタートアップ(新興企業)の存在感が高まっている。九州を中心に甚大な被害をもたらした2020年7月の豪雨など、災害現場で製品やサービスを投入。高い技術や素早い開発力を生かし、現場の声を反映した商品の提供に取り組んでいる。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録