野辺地―七戸間、バイパスで対応 下北縦貫道整備で国の小委が方針

下北縦貫道野辺地町―七戸町間のルート案
下北縦貫道野辺地町―七戸町間のルート案
むつ市と七戸町を結ぶ下北半島縦貫道路(全長約68キロ)の整備で、未着手区間の野辺地町―七戸町間(約7キロ)について、東北地方整備局の社会資本整備審議会道路分科会東北地方小委員会(委員長・浜岡秀勝秋田大教授)は25日、仙台市で開かれた会合で、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録