【ワクチンの副反応】誤解や根拠のない情報も 不安解消の取り組み課題

 アナフィラキシーの報告件数(ファイザー製、6月13日時点)
 アナフィラキシーの報告件数(ファイザー製、6月13日時点)
国内で新型コロナウイルスワクチンの接種が拡大するにつれ、副反応が疑われる例の報告も1万件を超えた。多くは軽い症状で、厚生労働省の専門部会は「重大な懸念はない」としているが、インターネット上では誤解や根拠のない情報の広がりも。因果関係は認めら.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録