アヤメ植え、河原を長年手入れ 田子の「花の堤をつくる会」

河原を彩るアヤメ。地域住民が長年、手入れを続けてきた
河原を彩るアヤメ。地域住民が長年、手入れを続けてきた
田子町の有志でつくる「花の堤をつくる会」(稲垣孝夫会長)が、15年にわたって地域の河原の景観美化を続けている。町中心部の相米川と種子川が合流する地点に、アヤメを植えて手入れを続けており、稲垣会長は「訪れた人に花で彩られた川の景観を楽しんでも.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録