子どもらに生理用品を無償提供 三沢でも支援広がる

袋に入った生理用品をもらう来場者(右)
袋に入った生理用品をもらう来場者(右)
経済的な理由で生理用品を購入できない「生理の貧困」が全国で問題化する中、小学3年生から高校生までの子どもや保護者らに生理用品などを無償提供するイベントが19日、三沢市総合社会福祉センターで開かれた。主催者側は会場で、生理用品やタピオカドリン.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録