Freeウーバーイーツ 八戸、青森両市でサービス開始 7月から

米国発の食事宅配サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は15日、八戸、青森両市の一部地域で7月1日からサービスを始めると発表した。利用できる飲食店(レストランパートナー)は、八戸で30店以上、青森では50店以上となる見込み。

 ウーバーイーツは、スマートフォンアプリで利用者が注文した加盟店の料理を、配達パートナーが届けるサービス。全ての注文に対し配送手数料(50円から)と10%のサービス手数料が必要となる。注文金額が700円未満の場合は、少額注文の手数料が150円かかる。

 同社は2015年にカナダ・トロントでサービスを開始し、日本では16年9月にスタートした。現在は36都道府県でサービスを提供中で、青森県へは初進出。地方都市で展開する中で、県内からもサービス開始を望む声があり、進出を決めたという。

 八戸市内で同様の食事宅配事業では、フィンランド発の「ウォルト」が5月からサービスを始めている。

お気に入り登録