駆除される命、最大限生かしたい 鹿革製品販売に励む長野のアパレル店

 野生の傷が残る完成品のクッションと(左から)長崎晃さん、和田美名子さん、和田侑さん=9日、長野市
 野生の傷が残る完成品のクッションと(左から)長崎晃さん、和田美名子さん、和田侑さん=9日、長野市
農作物被害防止や狩猟のため捕獲されたシカは2019年度、60万頭以上に及んだ(農林水産省調べ)。このうち約8万頭は肉を食べる「ジビエ」に活用されたが、皮はほとんどが捨てられているという。そうした中、長野市のアパレルブランドが鹿革を使った製品.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録