農業生産法人よしだや、三戸初のJGAP取得 ニンニク栽培手掛ける

松尾和彦町長(左)にJGAP認証取得を報告した吉田清華社長(左から2人目)=10日、三戸町役場
松尾和彦町長(左)にJGAP認証取得を報告した吉田清華社長(左から2人目)=10日、三戸町役場
三戸町でニンニクの栽培や販売を手掛ける、よしだや(吉田清華社長)は本年度、農畜産物の安全性を示す国内規格「JGAP」認証を取得した。生産管理を徹底することで、商品の付加価値向上などを目指す。 JGAPは食品や労働の安全、環境保全など持続可能.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録