Free八戸盲・聾学校で運動会 青空の下、競技楽しむ

ゴールを目指して懸命に走る八戸聾学校の児童
ゴールを目指して懸命に走る八戸聾学校の児童

青森県立八戸盲・聾(ろう)学校(大坂充校長)で5日、運動会が行われた。「みんなの力合わせ 燃やせ闘志!つかめ優勝!!」をスローガンに、両校の幼稚部から中学部までの児童、生徒約30人が紅白に分かれ、青空の下で競技を楽しんだ。

 新型コロナウイルスの影響を受け、2年ぶりの開催となった。開会式では、聾学校生徒会長の中学部3年石橋咲佳さんが「両チームとも優勝目指して頑張りましょう」と手話を交えながら笑顔で呼び掛けた。

 競技では、盲学校の児童、生徒が、笛や太鼓などの音を頼りにゴールを目指す「音響走」で自己ベスト更新を目指して力走したほか、両校の児童、生徒がダンスを披露。それぞれの種目で日々の練習の成果を発揮していた。

お気に入り登録