洋野・種市高で津波防災教育講座 防災施設の整備内容など学ぶ

震災の教訓を生かした施設の整備などを学び、防災意識を高める生徒
震災の教訓を生かした施設の整備などを学び、防災意識を高める生徒
岩手県立種市高(村上智芳校長)で2日、全校生徒を対象に、津波防災教育講座が開かれた。生徒は、県内で進む東日本大震災の教訓を生かした防災施設の整備や避難の心構えを学んだ。 県北広域振興局が久慈市や洋野町、野田村などの学校を対象に、防災力向上を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録