【笹生全米女子OP制覇】8歳からの夢、19歳で現実に

 畑岡奈紗(後方)とのプレーオフを制しガッツポーズの笹生優花。メジャー初優勝を果たした=オリンピック・クラブ(AP=共同)
 畑岡奈紗(後方)とのプレーオフを制しガッツポーズの笹生優花。メジャー初優勝を果たした=オリンピック・クラブ(AP=共同)
8歳で「世界一になりたい」と言ってゴルフを始めた笹生優花が、19歳にして最高峰の舞台で栄冠に輝いた。6日、米サンフランシスコでの全米女子オープン選手権。本場でも注目されたパワフルなプレーで強豪をねじ伏せ、息の詰まるようなプレーオフを制した。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録