Free朝日浴び心身リフレッシュ 「種差朝ヨガ」本年度スタート

青空の下でヨガを楽しむ参加者=5日、八戸市
青空の下でヨガを楽しむ参加者=5日、八戸市

八戸市の種差海岸天然芝生地で5日、波音を聞きながら芝生の上でヨガが楽しむ「種差朝ヨガ」が始まった。参加した老若男女が、雄大な太平洋を眼前に朝日を浴びながら心身をリフレッシュした。

 種差地区の住民を中心とした団体「種差あねっこ」(石橋英子代表)が主催。2015年から夏季限定で開催しており、毎年延べ千人を超える市民らが参加している。

 芝生地では75人がインストラクターの指導の下、体を伸ばしたり、波音やウミネコの鳴き声を聞いたりしながらリラックスして体を動かしていた。

 親子で参加した同市の会社員出川歩さん(34)と長女愛空(あいら)さん(9)は「この日を楽しみにしていた。天気が良くて気持ち良かった」と笑顔を見せた。

 この日の青森県内は青空が広がり、汗ばむ陽気となった。各地の最高気温は八戸26・5度、三沢26・3度など7月下旬並みの暖かさとなった。

 種差朝ヨガは9月までの毎週土曜と第4日曜に開催(雨天中止)。時間は午前7~8時。参加料は500円(小学生以下無料)で予約不要。

お気に入り登録