“優等生”台湾に救世主 日米がワクチン供給

 新型コロナウイルス感染拡大を受け消毒作業に当たる人=5月31日、台北(ゲッティ=共同)
 新型コロナウイルス感染拡大を受け消毒作業に当たる人=5月31日、台北(ゲッティ=共同)
厳格な規制を徹底し新型コロナウイルス対応に成功してきた台湾が感染者急増に苦しんでいる。「中国の介入」(蔡英文=さいえいぶん=総統)でワクチン入手にあえぎ、揺らいだ自信。だが、米国と日本が救世主のごとく供給を決め、世界の“優等生”の地位を維持.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録