天鐘(6月2日)

むのたけじさんは反骨のジャーナリストと呼ばれた。21歳で報道の道へ。大戦中は従軍記者としてアジアに赴く。だが、戦争の真実は伝えられなかった。悔恨から終戦と同時に朝日新聞社を辞し、故郷の秋田県に戻る▼程なくして週刊新聞『たいまつ』を創刊。「く.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録