【新型コロナ】医療逼迫、病院決定まで長時間足止めも/大阪

 新型コロナウイルス患者を搬送し病院に到着したアンビュランスの救急救命士=17日、堺市
 新型コロナウイルス患者を搬送し病院に到着したアンビュランスの救急救命士=17日、堺市
病院決定まで長時間足止め―。新型コロナウイルス感染拡大で医療が逼迫(ひっぱく)する大阪府。病床が不足し、自宅療養中のコロナ患者の容体が急変しても搬送先が決まらないケースも多い。堺市と連携し患者の搬送や現場処置に当たる民間の救急事業者に同行、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録